お出かけスポット お店 ブログ 日記

山奥で出会った感動の親子丼。山都町『矢部野ファーム』

実家に帰省する途中で何気に検索して立ち寄ったお店が大当たりだったのでご紹介です。料理の味だけじゃなくて雰囲気や人との触れ合いまで含めて、心に残る食事体験でした。

帰省ドライブ

福岡から宮崎県延岡市にある私の実家へ帰省。毎年2〜3回ほど往復するんですが、そこは九州内でも「陸の孤島」と呼ばれる宮崎県。遠い遠い。高速使って休みなく走っても4時間くらいはかかるわけですよ。実家に帰るのは法事が多かったりするので長旅も旅行気分ウキウキとかほとんどなく、奥さんと運転を交代しながらひたすら高速か山道かをひた走る過酷なドライブです。その間、子どもたちは後部座席で休みなく喋るか寝てるかのどちらか。イージーだなお前ら。早く免許取れ。(まだ小4と小1)

だからこそ食事くらいは、と思うわけですがほぼ高速か山道なので期待ができません。高速のSAで済ませたりね。いや、SAのご飯も美味しいけど。いや、別府湾SAで食べた柿の葉寿司はサバの厚みが0.5mmくらいしかなくて残念感あったな。

飛び込み

帰省するのはほぼ高速に乗り続ける大分ルートか、半分は山道を走る熊本ルートかに分かれます。今回は特に理由もなく熊本。山都町のインター降りたところでお昼だったので適当に食べられそうなところをググったところ、5点満点中、4点台後半という評価(2019年12月時点でも48件の評価で4.5点!あ、食べログじゃなくてGoogleね。)の「矢部野ファーム」なるお店があったのでそこに行ってみることに。毎年帰省してるのによく今まで気付かなかったな。

ファンタジックな世界

入り口が分かりづらいという書き込みを見てから行ったのに一度完全にスルーしました。ちなみに写真撮り忘れたのでストリートビューのスクショでどうぞ。見逃すだろこれ。

ちょっと分かりづらいけど、道もかなり狭いんですよ。ここ入った先にトトロいそうなくらい狭い。とか言ってたらちょっと外れたところにトトロいたもん。すいません、超余談です。このブログ読んだせいで間違ってカラオケスナックに行かないように。いや行ってもいいんだけど。

んで、車1台がギリギリ通れる草に覆われた道を入った先がこの雰囲気。前世の記憶みたいな、日本の田舎の原風景って感じですね。正直、心の中でテンション爆上がりしましたね。

店の看板もなく(後から看板があることに気付いたけど老朽化して風景に溶け込んでたので気付かなかった)、でも既に車が4台くらい停まってたのでここで間違いなかろう、と。駐車場も道路の脇のスペースに無理やり詰めて停める感じ。うっかり踏み込んだら川に落ちます。

ここで中から出てきたおじさんが誘導してくれました。このおじさんが超ぶっきらぼう。こんな山奥まで来てやったのになんだその態度は!と思ったり思わなかったりしますが満腹になると怒りが消えるのでとりあえず食べましょう。

ちなみに携帯電話の電波はあまり期待しない方がいいです。食べログ見てもdocomoとしか書いてないのでその他キャリアは使えないと思われます。秘境やん。

メニュー

  • 地鶏のタタキ:700円
  • 親子丼:700円
  • 親子丼とタタキのセット:1,200円
  • 地鶏の炭焼:1,400円
  • 飲み物が何種類か(ビール、焼酎ボトルキープ、ノンアル(みんな車で来るからね…)など)

地鶏しかないという潔い構成。炭焼は時間がなかったので遠慮して、家族4人とも親子丼にして1つだけタタキとのセットを頼んでみました。まず出てきたのが地鶏のタタキ。これまた映えるビジュアル。こいつら、、実はマーケティングとか分かっててやってるのでは…!?

中にはどっから見ても新鮮そうな地鶏のタタキ。美味しくないわけがない。

ちなみにさっきのぶっきらぼうなおじさんがこのお店のご主人で、奥様と二人で切り盛りされてるそうです。最初ぶっきらぼうな印象しかなかったご主人ですが、話せば話すほど引き込まれる独特な雰囲気を持つ方でした。終始タメ口。「(部屋の温度は)寒いか?」とか「こっからどこまで行くんだ。」とか。実家か。

あ、箸はくまモンでした。そういえば熊本だった。

建物も手作り感溢れる掘立小屋。いや、失礼。でもそれが更に雰囲気を上げてくれてるわけです。

親子ドーーン

これも実は地鶏なんです。地鶏って肉が締まってて硬いから親子丼には向かんやろーと思ってたけど、そこはマーケティングとか知り尽くした(知らんけど)お店。鶏は薄く削ぎ切りにして適度な歯応えを残しつつ、少し甘めのしっかりした味付けで地鶏の旨味も感じられる絶妙さ。一口食べてウォーってなりましたね。元々食べるの早いんですが一瞬で食べちゃいました。正直、地鶏と親子丼のセットをもう1回お代わりしたいくらい美味しかったです。適当に選んだお店で親子丼ふーんとか思っててすいませんでした。

地鶏と自撮り

食べ終わる頃はランチのピークを過ぎててお客さんも落ち着いてたので少しご主人と奥様とお話できました。最後は平飼いしてる自撮りを抱っこさせてもらったりね。「美味しかったよ〜」つって。気まずいだろ

奥様はずーっとニコニコしてて対照的だけどお似合いの夫婦って感じでした。最後は「延岡までもう少しあるから運転気をつけてね」と送り出してくれました。たった1回の食事でこんなに心を掴まれたのは本当に久し振りでした。また絶対に行きたい、というか帰りたい場所だな、と。タタキと親子丼、最高に美味しかったです。ご馳走様でした。皆様も山都町に行く機会があれば是非。

矢部野ファームの場所

-お出かけスポット, お店, ブログ, 日記
-,

Copyright© muchikin.net , 2020 All Rights Reserved.